奇跡の女の子産み分け術ガイド

MENU

産み分け術

 

奇跡の女の子産み分け術ガイド

かつての日本とは違い、近年ではまれに見る女の子ブームが沸き起こっていますね。
戦前であれば跡継ぎやお家騒動、戦時中であれば産めよ増やせよで男の子を望まれ、
戦後すぐは戦争で多くの男性が若くして散華したためやはり男の子が切望されていました。

 

 

男の子・女の子、どちらが欲しい?

時代は流れ法律が変わり、家制度がなくなった頃から女の子を望むカップルが増え始めて
産婦人科でも女の子を望むカップルが増加しています。

 

母親目線で見れば、男の子はかわいいが独立して家庭を持てば交流が途絶えがちになるが、
反して女の子は家庭に入ってもやり取りが続く、孫の育児に積極的に関われるといった点から
将来の楽しみを見据えて娘がいてくれればいい、と言った声が多数です。

 

生物学上では男女と言う2通りの性しかありませんから、
自然に任せた場合2分の1の確立でどちらかの性の赤ちゃんが産まれることになりますよね。

 

ですが実際には女の子よりも男の子を授かる確率の方が若干高いのです。
そういう意味では男の子を授かることは比較的容易ですが女の子の場合は難しいと言えます。

 

赤ちゃんの性別は精子と卵子が受精した瞬間に決定します。
そのため妊娠する前の産み分け法を取り入れることが希望の性別を授かるために必要ですし、
逆に妊娠してからではもうどうにも出来ません。

 

かつては性別は女性側に決定権があると考えられてきましたが、医学の発達に伴い
男性の精子にこそ要因があることが分かりました。
なので女の子を考えるカップルは男性の協力無しには成り立たないのです。

 

当サイトでは病院で実際に行われている産み分け方やそれにかかる費用
外国で行われている方法から自宅で取り入れられる方法まで
幅広く女の子産み分け術を紹介しています。

 

可愛い女の子を授かるために、今日から出来ることを始めましょう。


 

産み分け部門売上No.1マニュアル

産み分け術

  • 女の子を抱っこしているママを見ると嫉妬する
  • 産み分けをしたのに第1子は男の子だった
  • まわりからのプレッシャーがキツイ
  • 悩みすぎて、精神的に参っている

  悩みを解消し、女の子を産む!